東邦
製品の歴史4

第四章 
深化と新化 
新たな価値の創出時代

1.代表取締役社長 
村田章臣 就任
(平成30年)

約9年間社長を務めた牧野純男に代わり、第7代代表取締役社長に村田章臣が就任した。

2.新企業スローガンを発表
(平成31年)

私たちは、より多くの人々が住みやすい社会の実現を目指して、多様なニーズに応え、 Safety(安全で)&Ecology(環境と)&Kindly(人に優しく)をテーマとした製品の開発を 追求します。

3.業界初!カラーユニバーサルデザインの踏切警報灯・列車進行方向指示器が誕生
(平成31年)

企業スローガンを具現した初の製品としてCUDO(=特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構)の認証を取得した、 踏切警報灯(両面形)、列車進行方向指示器(両面形)、踏切警報灯(Φ300両面形) ecoKシリーズが誕生。

4.第6回鉄道技術展に出展
(令和元年)

幕張メッセにて開催された「第6回鉄道技術展」に出展。

「Safety & Ecology & Kindly」をテーマに、 CUD認証を取得した「踏切警報灯(全方向形)ecoK」などecoKシリーズの発表をはじめ、 踏切状態監視装置やiOS対応のVAM解析装置などの展示を行った。