会社沿革

1944年 3月 東邦電機工業株式会社 設立 東京都目黒区
代表取締役社長 島村輝重 就任
1953年 5月代表取締役社長 村田安太郎 就任  
1959年 4月仙台出張所 新設 
1960年 4月札幌出張所・門司出張所 新設■踏切用列車検知器踏切制御子
「踏切制御子」〈写真〉
1962年 7月相模工場相模工場 神奈川県座間市(現所在地)進出〈写真〉
1963年 4月大阪出張所 新設(現大阪営業部)  
1964年10月東海道新幹線 開業ATC■ATC 車上受信装置記録部〈写真〉・踏切警報音発生器・断続リレー( FF-AⅠ)
10月東京オリンピック 開催
1966年 9月相模工場 本格操業
1967年 ■踏切制御子( 3形 )
1971年 9月名古屋駐在所 新設 
1972年 2月札幌冬季オリンピック 開催 
3月山陽新幹線 開業■ATC 車上記録器( RC1形 )
1974年 ■信号機器監視装置( 踏切故障検出用N1 )
1975年 3月山陽新幹線全線 開業継電連動機動作記憶装置■継電連動機動作記憶装置( YM形 )〈写真〉・ 踏切動作記憶器
1976年 2月代表取締役会長 村田安太郎 就任 
2月代表取締役社長 日吉柳男 就任 
1977年 ■緩動ユニット
1978年 ■継電連動機動作記憶装置( YH形 )
1982年 6月東北新幹線 開業■ATC 車上記録器( RC4形 )・継電連動機動作記憶装置( YP形 )
11月上越新幹線 開業 
1983年 8月代表取締役社長 近藤禎男 就任■踏切制御子( H形 )
1985年10月目黒本社 建替目黒本社
〈写真〉
 
1986年 ■踏切用メモリー・出発反応標識( LED形 )(業界初)
1987年 2月四国出張所 新設 
4月国鉄分割民営化 JRグループ各社 発足 
4月各出張所・駐在所を営業所に改称  
1988年11月代表取締役社長 村田岳生 就任 
1989年 1月元号「平成」に改元■踏切警報灯( アルミ製・LED形 )
6月従業員持株会 設立 
1990年 4月新潟出張所・金沢出張所 新設 
7月広島出張所 新設  
1992年 7月山形新幹線 開業■ATC 車上記録器( RC16形 )・踏切制御子( P形 )
1994年 3月創立50周年事業 実施■情報メモリー( VAM )・継電連動機動作記憶装置( YR形・YH-R形 )
11月神奈川県優良工場 認定 
1995年 5月IOC会長サマランチ氏と村田元社長 懇談(スイス)■列車接近掲示器( LED形 )・ 列車進行方向指示器( LED形 )
1996年 1月新生産工場(CIEZ)竣工(相模工場内)〈写真〉CIEZ■電子SR(K形)
1997年 3月秋田新幹線 開業■踏切故障検出器( N2形 )・断続リレー( FF-AⅢ )
10月北陸新幹線(長野) 開業  
1998年 2月長野冬季オリンピック 開催■列防スイッチ用警報装置・タイマー自動補正ユニット
5月優良申告法人 認定(継続中) 
1999年 3月ISO9001認証取得■多灯形色灯信号機( アルミ製・LED形 )
2000年■入換標識( 線路表示式 )伝送形
2001年 7月神奈川県労働局長優良賞 受賞■情報メモリー( VAM32 )・踏切警報音発生器( TA2形 )
2002年 6月高周波擬似軌道回路装置(自社製)完成〈写真〉高周波擬似軌道回路装置 
2003年■踏切故障検出器( N3 )・ 継電連動機動作記憶装置( K形 )・不一致検出器
2004年 3月九州新幹線 開業■ATC 車上記録器( RC 500K形 )・全方向踏切警報灯( LED形 )・踏切警報機(アルミ製・OH形 )
7月創立60周年記念式典 開催 
2006年 7月会社ロゴリニューアル■信号用デジタルマルチメーター・情報メモリー( VAM32Ⅱ)・踏切電子光音器( 故障検出機能付 )
2007年 6月危険物安全協会連合会会長賞 受賞■列車検知アクセラレーター・情報伝送装置( ステップ式新形 )・注意喚起表示器・運転状況記録装置・列車無線用バックアップ電源
2008年■踏切用 指向性スピーカー・列車非常停止警報装置・着発状況表示盤
2009年 1月全方向踏切警報灯 テレビ番組登場(テレビ朝日)■踏切警報音発生器( TA3形 )運転状況記録部
3月相模工場 テレビ番組で紹介(NHK) 
8月代表取締役社長 牧野純男 就任 
10月国土交通大臣表彰 受賞 元代表取締役社長 村田岳生  
10月グッドデザイン賞 受賞 全方向踏切警報灯  
2010年10月天皇陛下より 「 秋の園遊会 」 へお招き
元代表取締役社長 村田岳生
■全方向踏切警報灯( OH形 )・軌道リレー電圧測定器
12月東北新幹線全線 開業 
2011年 3月九州新幹線全線 開業■継電連動機動作記憶装置 再生モニタ装置( 線形解析 )
2012年 6月生産工場(CIEZ)照明 LED化■直流電源用低電圧検知器・アースチェッカー(故障検知機能付)
6月相模工場 敷地拡張(別館) 
2013年 8月包装アイデア賞 受賞 eco1シリーズ■踏切警報監視器・制御区間長測定器・踏切しゃ断不良検出器( 新形 )・E形リレー動作試験器・踏切警報灯( OH形 )前面保守形・踏切警報灯/列車進行方向指示器( 両面形 )eco1シリーズ〈写真〉
10月グッドデザイン賞BEST100 受賞 eco1シリーズeco1
11月同 ものづくりデザイン賞 受賞 eco1シリーズ
11月第3回 鉄道技術展 出展
2014年 3月創立70周年記念式典 開催■踏切情報表示器・情報メモリー( VAM32Ⅲ )
4月かながわ中小企業モデル工場 指定
■転てつ標識灯( LED形 )
7月全方向踏切警報灯 テレビ番組登場(日本テレビ)
10月東海道新幹線 開業50周年 
12月東京駅 開業100周年 
2015年 3月第40回 発明大賞 考案功労賞 受賞 eco1シリーズ(両面形のLED踏切表示灯)
■踏切警報灯(Φ300両面形)eco1
3月北陸新幹線(金沢) 開業  
11月第4回 鉄道技術展 出展
2016年 3月北海道新幹線 開業■踏切状態監視装置(ネットワーク対応形)・検測アダプタ用試験器(NL形用)
4月 京都鉄道博物館オープン 当社ノベルティを納入
12月■列車非常停止警報訓練装置・eco1シリーズ 踏切注意喚起付
2017年 2月相模工場 ラジオ番組で紹介(文化放送)■非接触形踏切メモリー・踏切制御子(H形)制御区間長用送信器(NL2形)
3月■列車停止位置目標
5月かながわ中小企業モデル工場指定更新
11月第5回 鉄道技術展 出展〈写真〉鉄道技術展
12月■出力切替形電源変換器用整流器
2018年 6月オリジナル踏切グッズ 販売開始
8月相模工場 テレビ番組登場(テレビ東京)
「NEWSポストセブン」に全方向踏切警報灯登場
代表取締役社長 村田章臣 就任
9月CUD(カラーユニバーサルデザイン)認証取得
11月■踏切故障検出器ME-N1-Ⅱ
11月鉄道月刊雑誌「鉄おも!」に相模工場登場
2019年 1月■踏切警報灯/列車進行方向指示器(両面形)ecoKシリーズ(CUD認証取得)
■VAM解析装置(iOS対応版)
1月 新企業スローガン Safety & Ecology & Kindly を発信
3月 創立75周年
5月 元号「令和」に改元
9月 広島出張所を大阪営業部に統合
11月第6回 鉄道技術展 出展〈写真〉鉄道技術展■電源変換器用整流器(可変形)
12月 金沢出張所を大阪営業部に統合
2020年 3月■情報メモリーVAM32(ネットワーク対応汎用形)
4月 ■踏切警報灯(全方向)ecoK
2021年 2月全方向踏切警報灯 テレビ番組登場(関西テレビ)
3月労働無災害連続35年達成(継続中)