東邦とは

東邦について

■会社概要

会社名: 東邦電機工業株式会社
設 立: 1944年(昭和19年)3月28日
資本金: 9600万円
代表者: 代表取締役社長 牧野純男
社員数: 160名
所在地: 本  社/東京都目黒区目黒1-6-30
事業所: 相模工場/神奈川県座間市
営業機関/札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・金沢・広島・高松・福岡

■事業内容

信号・通信・保安用機器および車両機器の設計・製造・販売
道路・警察関連機器および一般電気機器の設計・製造・販売

東邦の製品

私たちの製品は鉄道分野の多様なシーンで活躍しています。

鉄道関連の製品は運転、信号、制御、監視、保守、試験などの各種機器・システムまで広範囲に及んでいます。高品質が絶対条件であるこれらの製品には『安全・信頼性』を追求する開発思想が徹底されています。

さらに製品の軽量化による工事作業の効率化や、耐久性の向上、資源の再利用化などによって、JRをはじめ民鉄各社から絶大な信頼をいただいています。

東邦の主な製品紹介

eco1 
eco1シリーズ

踏切警報灯・列車進行方向指示器の新しいフォルムを提案した。2013年度グッドデザイン賞において「Best100」および、「ものづくりデザイン賞」受賞。

全方向踏切警報灯 
全方向踏切警報灯

踏切で列車、車両の接近を警報する。従来品と異なり全方向から認識可能な警報灯。2009年度グッドデザイン賞受賞。

多灯形色灯信号機
多灯形色灯信号機

閉塞区間の始端に設け、列車運転時の条件を現示する。

列車非常停止ボタン箱 
列車非常停止ボタン箱

ホームに設置し、列車非常停止警報機や、その他の機器を動作させるために使用する。

列車接近掲示器
列車接近掲示器

駅のホームに設置して乗客に列車の接近を知らせる。

踏切制御子(H形) 
踏切制御子(H形)

「フェイルセーフ」の思想の基。踏切を制御するための装置。

情報メモリー
情報メモリー

リレー式踏切設備の動作状態を記憶・読出・データ解析することができる。

運転状況記録装置
運転状況記録装置

列車の走行履歴(運転速度・非常ブレーキの使用履歴など)を記録する装置。万が一の事故の際、原因解明に重要な役割を担う。