東邦の技術力

東邦の技術力

「検知・記憶・表示」

【検知 -Detection-】
昭和30年代半ば、踏切道への列車の接近と通過を検知し、踏切設備を制御する列車検知機器の開発と製作に取り組み、「踏切制御子」が誕生いたしました。この「踏切制御子」はお客さまに応じたバリエーションや踏切設備の信頼性・安全性を追求し、50年以上にわたり高い実績を有しています。

【記憶 -Memory-】
昭和34年、駅設備の動作を記憶する「リレー式動作記憶装置」が開発され、「継電連動機動作記憶装置」へと発展しました。その後、東海道新幹線の開業に伴い車両用の記録装置が開発され、在来線にも搭載されております。さらに、踏切の動作を記憶する「情報メモリー」へと展開しております。

【表示 -Indication-】
360度の視認性を持つ「全方向踏切警報灯」。環境に配慮しつつ広視野角を実現した画期的な製品「踏切警報灯(両面形)eco1」を開発。これらは踏切警報灯の歴史に大きな進歩をもたらし、両製品ともにグッドデザイン賞を受賞いたしました。

これからも蓄積された当社のコア技術である、「検知・記憶・表示」を駆使し、現状に満足することなく、製品の開発・改良をおこなってまいります。


技術力

「検知」の代表製品

踏切制御子 
踏切制御子

踏切道への列車の接近と通過を検知し、踏切設備を制御する機器。 列車検知機器の開発と製作は、1960年(昭和35年)頃から始まり、50年以上の実績を有しています。 当初は通過する鉄道車両の重みで検知する方式の機器が使用されていましたが、これらの方式を改良し、レールと車軸が短絡して検知する踏切制御子を開発したことで、踏切設備の信頼性・安全性を向上させました。また、現状に満足することなく、新たな検知方式の機器の開発も行っています。

「記憶」の代表製品

情報メモリー
情報メモリー

1975年に誕生した踏切動作記憶器を母体に、86年発表の踏切用メモリーを経て、 94年に情報メモリーとして進化致しました。リレー式踏切設備の動作状態を記憶・読出・データ解析することができます。 個別に踏切番号の設定が行えますのでデータ管理が容易です。 電源を切断しても、記憶内容・内蔵カレンダー時計を48時間までバックアップします。(常温で完全充電時)

「表示」の代表製品

全方向踏切警報灯 
全方向踏切警報灯

初期の踏切警報灯は、視認性を確保するために数多く設置する必要があり、 工事やメンテナンスに多大な手間がかかっていました。設置・メンテナンスの利便性に着目して、 1個の警報灯を設置すれば、あらゆる方向から踏切の警報を確認できる全方向踏切警報灯の開発を行いました。 遠方広範囲から横断直前まで点灯が視認でき、より保安度を向上。 LEDは信頼性の高い国産LEDを使用し、3枚の基板構成で円形発光を実現しています。 長年手付かずだった分野に高い安全性とデザイン性を取り入れた点が評価され、グッドデザイン賞を受賞。

踏切警報灯(両面形)eco1 
踏切警報灯(両面形)eco1

2013年度のグッドデザイン賞BEST100、さらにグッドデザイン特別賞・ものづくりデザイン賞を受賞。2015年には発明大賞 考案功労賞も受賞いたしました。両面発光を採用し、通常は4つの踏切警報灯の数を2つに減らすことで、環境負荷を軽減した省エネ設計を実現しました。発光部を大型化しながら、これまでの製品と同等の全幅とし、本体と背板を一体化することで、流れるようなフォルムのデザインを可能としています。従来の踏切警報灯より視野角を大幅に拡大し、両面で240度の視認性・安全性の高さを誇っております。通常の片面形踏切警報灯をご使用の場所に、eco1(エコワン)踏切警報灯をご使用いただくことで、視認性の向上と消エネ化になります。